新居生活②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

義父からしてみたら、引っ越しをして何か月もたつのに掃除が終わらない=いらない

 

だったのかもしれない

 

でもあまつさえ、人のものを勝手に捨てていい権利なんて誰も持ってないはずだ。

 

私もその時怒ったらよかったのかもしれない。

 

しかし、私は人を怒るということが瞬時にできない。

 

虐待を受けて育ったせいで、怒っていいものなのか

 

判断がつかずあいまいない対応をしてしまうのだ。

 

マンションを買うのに、義実家から1円も出してもらってない。

 

これは声を大にして言いたい。

 

買ってもらったのは掃除機と炊飯器と注文したのとは違うカーテンだけだ。

 

カーテン選びもきつかった。

 

私はケユカで無地のカーテンを買うつもりだったのに

 

カーテン王国に連れていかれて選ばされた。

 

義父押しのものは私の好みに合わず、

 

それでも使えそうなものを選んで注文した。

 

そして届いたら全部義父押しのものに変えられていたのだ。

 

断れないというのも、虐待を受けて育った子供の特徴だと思う。

 

断れば怒られると思うからだ。

 

あの時しっかり断って、自分の好きなカーテンにしておけば、

 

何か変わっていたのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。