15年くらい前のこと⑨ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時代のことを川崎生活と名付けます。

 

いろいろあったけど、

 

楽しかった。

 

私の鬱が本物になったのもこのころ、

 

主人と一年遅れて短大に入れてもらって

(学費はばーちゃんが出してくれた)

 

奨学金を月に10万、2種ってやつでうけて、

 

バーとスナックのあいのこみたいなところで

 

バイトをしていた。

 

駅から遠いので通勤も大変だった。

 

だってバスの時間で帰らないといけないんだもん。

 

短大を何とか卒業した私は

 

一年表参道で知り合いのところを手伝い、

 

そのあと派遣で印刷屋に入り、校正の仕事をした。

 

校正の仕事は残業が多くて月に40を超える時もあった。

 

いい時代だった。

 

平和じゃなかったけど、

 

今考えると全然平和だね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。