20年も前の話⑮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今考えると、主人は私と離れたくて

 

私立全滅したんだろうか…

 

義理の母はこの日の絶望をよく語っている。

 

あの時は大変だったのよーと

 

私も大変だったのよー(笑)

 

新しい志願先に書類を提出すると

 

電車に乗ろうとしたら、

 

ミスドのせいでお金がない…

 

まーいーやー歩いて帰ろう

 

と田舎の駅で二つ分の道のりを歩いて帰りました。

 

実父も母も

 

心配していたのかもしれないけど

 

触れられず。

 

翌朝学校で、

 

普段全然怒らない先生に

 

どれだけ心配したかをこっぴどく諭されました。

 

小沼先生うれしかったよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。