20年前のこと②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスが変わり、

二年生になったわたしたちに

接点はありませんでした。

 

主人と同じ部活だった、

今は亡きI君が、

たまに主人の情報を

教えてくれるだけでした。

 

そんな矢先、

1月の14日でした。

 

I君が言うのです。

 

主人に彼女ができたと。

 

本人がそういってると。

 

もちろん、大嘘っぱちなんですが、

 

しっかり引っ掛かった私。

 

主人宅に夜に電話をかけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。