このブログの見方

はじめまして、

 

このブログは一応ストーリー仕立てとなっております。

 

時間計の横に①②

 

というように読んでほしい順番を記載しております。

 

この順番ごとに読んでいただければわけわからん

 

ということにはならないかと思います。

 

他のカテゴリはストーリーとは関係なく、

 

興味のある人がその部分だけ読めるように分けていますのでご活用ください。

 

私はこのブログを、自分の当事者研究のつもりで書いています。

 

ネタみたいな人生だけど、笑って生きていきたい。

 

みんないろいろあると思います

 

自分のほうがましだ、と自信をつけていただいてもいいし、

 

私のほうがもっとひどいよ、という人もいるかもしれません。

 

でも、同時代に生きているという共通項があるわけだから、

 

楽しくやろうよ。

 

コメントは受け付けません。

 

何かあったら感想でも、独り言でも

 

osakimakkura1@gmail.com

 

に投げてくださいね。

 

たまーに内容チェックしてるのでその際に返信します。

 

最後まで読んでくださった方が4.5人いるみたいで嬉しいです。

 

また更新してますでの、後ろのほうチェックしてみてください

 

気楽に、ゆるゆるいきましょう!

昇降順を変えたいんです!

古いほうから一覧で読みやすくしたいの!

 

私の希望はただそれだけ

 

記事一覧の表示順序を自由に設定したい!プラグイン&カスタムフィールド活用法

 

こんな記事も見つけたけど

functions.php

にこんな記述ないし。

 

http://yuji-okayama-designersworks.com/wordpress/801/

これもおなじく!!!!

 

記事一覧をソート(並び替え)する

 

これも

 

もーーーーーーお手上げ!

 

思い当たる詳しい人にいろいろお願いしてみたけど、

 

だめだった。

 

なんと今手動でやってる。

 

誰か助けて!

 

はじめまして

はじめまして!

 

はなちゃんです。

 

友達にすすめられて、

 

blogをはじめてみることにしました🔰

 

どんな展開になるか、

 

現在進行形でうごいているので、

 

私もどうなるか、わかりません。

 

どうなっちゃうのか。

 

私たち家族どうなっちゃうのか。

 

見守っていただけたら幸いです。

 

 

どこからかきはじめたらいいんだろーーー

 

頭の整理をしなくちゃね。

 

まず今のことを書いていった方が解りやすいかな?!

 

どこからがいま?!

 

 

 

難しいよーーーー

 

とりあえず、わたしはたたり神にはなってないです。

 

幸い。

ワードプレスを始めた経緯

もーどうしょもなくなっちゃたある晩

 

何を話してもげらげら笑ってくれる友人に

 

忙しい人なのであんまり電話しないように

 

してるんだけど、

 

(電話しないようにしてるのはみんななの、それでもかけちゃうの、ごめーん)

 

電話したら、

 

そんなネタみたいな人生送ってるんだったらネタにしちゃえよ。

 

儲かるかもよ!

 

と、そそのかされて、

 

早速やってみるという。

 

昔、ブログ書いてたとき、忍者つけてて、小学館がめっちゃ来てた

 

なんて話をしてたら、

 

とにかく書け!!!!

 

Web関連で独立してやってる、友達に背中を押され、

 

じゃあ設定やってと甘えたら

『有料です』

と、突き放され。

 

ただでできる部分だけでやるつもりが、

ネカフェ代も含め一万超えたがな!

 

こりゃ回収せねば。

 

昨日夜中にネカフェで作業。

 

初心者にはムームー何とかがなんで必要かがわかるまでに3時間

 

ロリポップの電話サポート契約もして月500円。

 

そんで外観のテーマの編集ってところいじってアクセスもできなくなり

 

友達に泣きついたら、とりあえずの復旧をしてくれて、

 

テキストが残ってることも調べてくれた!

 

あいつほんとにすげー

 

ロリポップもアドも両方とも1年契約したからな!

 

1年で元とったるぞ!

自己紹介

まずは自己紹介からはじめましょう。

 

私も、旦那も、アラサーとアラフォーの調度中間。

 

(要するに30台)

 

付き合いは中学からになります。

 

こどもは一人。都内の私立小学に通っています。

 

旦那の浮気が発覚したのは5年前。

 

娘が一才の誕生日を越えたあたりでした。

 

 

仕事が急に忙しくなり。

 

飲みに行く回数もふえて、

 

 

帰ってこない日が数えるより多くなってきました。

 

主人は『ビルの空きスペース等で寝ている』と言っていて。

 

バカな私もそれを信じていました。

 

このころのことを思い出すのは今一番つらいことです。

 

また。

五年前のこと

そんな見え透いた嘘も信じて疑わなかった私。

 

 

他に女がいるなんて……

可能性も考えなかった。

 

LINEの返信が遅くなり

既読さえつかなくなった。

 

電話してもワンコールで

自動音声に……

 

 

でもある雪の日、

さすがに外にで寝るのは死んでしまうとと

小さな娘を車に乗せ、

旦那の職場に向かった。

 

職場はすでに閉まっていて、

だれもいなかった。

 

いるはずがなかった。

 

でも主人は近くにいると、

信じて疑わなかった。

 

きっと寝てしまっているんだと。

携帯に気づかずにいるんだと。

 

車の車内の温度をさげないように

ときどきエンジンを回し。

 

私は外をうろうろしたり。

娘の乗っている車から目を離さないように。

3時を過ぎたころ……

 

 

どこかで生きていてくれることを信じ

旦那の職場を後にした。

 

 

 

世界で一番寒い夜だった。

五年前のこと②

翌日、私は確信した。

 

 

女がいると。

 

 

同じ職場で働くまきこ(実名)

 

 

あの女しか考えられない。

なぜか直感で分かった。

 

見てはいけないと思っていた

 

主人の機種変した前の携帯をみた。

 

着信も発信もまきこの名前で埋まっていた。

 

主人は調度、職場を移動したところだった。

だから、前の職場に、

 

まきこの勤める職場に、

 

仕事の終わるころ、

子供と二人でのりこんだ。

 

わたしに否定的な社員さんが、

まだ仕事をしていた。

 

『まきこってどんな人なんですか?』

 

突然の来訪に、

驚いた顔の社員さん。

 

『うーん、お酒の強い人だね』

 

『そういうことなんですよね?』

食いかかる私

半笑いで認める社員さん。

 

『いつからですか?!

移動したあとですよね?』

 

『多分そうだとおもう

調度

T(男性)とW(女性)が

いつものところで飲んでるから

いってみたら?』

 

さくさくと仕事をこなし、

面倒見のいいTさんの居どころを教えてくれる社員さん。

 

ここにはもうこれ以上情報がないとわかり、居酒屋へと向かいました。

五年前のこと③

あの夜のことは本当に思い出したくない。

 

でも語らないと前に進めない。

 

 

苦しい。

 

 

私だって傷ついた。

 

 

そういう話をしなければならない

五年前のこと④

TとWはすぐに見つかった。

そして、私が来た理由をすぐに理解してくれた。

 

まず、私の持病について説明した。

簡単に言えば鬱なのだと、

 

病名で言うと双極Ⅱ形感情障害。

 

ほとんど鬱でたまにちょこんと懆転する、そんな病気。

 

母乳も混入で、血中濃度を考えながら

続けていたので、

くすりも少ない状態。

 

そして、実父母とは、

以前からの虐待が原因で

完全に縁が切れており

関東近郊の旦那親しか頼れる親族が居ないこともここに記します。

五年前のこと⑤

その前に前提条件をお話しなければ

なりませんでした。

 

私が家事をやってないということは

旦那の職場にしれわたっていることで、

 

その理由は、私の就業にあるとされてました。

 

7ヶ月の娘を民間保育園に預けて

就業していたのです。

 

就業先はテレビCMもしている

某大手企業。

 

短期で始めたのですが、

当初から長期就業を念頭に置いた就業でした。

 

でも、私は扶養控除内でしか働くつもりはありませんでした。

将来的に長く働けるようになるといいな

というつもりで始めました。

 

すると週三回位の就業です。

 

三連休、娘を主人の実家に預け就業すると

もうその週は一度も顔を出さなくなります。

 

上司がよく説明してくれたら良かったのですが、

それもなく、

さぼっていると勘違いされ

 

職場では本格的にいじめられる

ことになりました。

 

机を大きな音で叩かれる

書類で机と机の間に壁をつくられる

などかわいいものから

 

Aさんに指示された内容と

Bさんに指示された内容がちがう

など、仕事にも影響が出るように

なってしまったのです。

 

そんなころ、

私のいた部署が

部署ごと別会社に併合されて

部門で新会社を設立することに

なったのです。

 

いやだ、残りたいということが

誰に言えますでしょうか?

 

私は純粋な仕事では好評価をいただいていたので、

いじめは更に過酷になりました。

 

ある日朝出勤したら、

私の所属していた部署だけで、

いつも遅い出勤の人も含めて

新サービスの対応会議が開かれていました。

 

 

えっ?…………

なりますよね?

 

 

なんで、呼んでいただけないんですか?

私知らなくてもいい内容なんですか?

 

 

私はハッキリと聞きました。

 

私はお子さんがいるので、早くはこれないと思った。

 

 

上司が放ったのはそんな言葉でした。

 

私は勿論いいました。

 

早く預かっていただくこともできるので、

 

いってください。と。

 

当然絶後の、池崎…………

 

池崎さんおかえりください。

 

そして、大きな変化がふたつあります。

 

 

私を採用してくれた直属の上司が

ヘビースモーカーで、

休憩は100%喫煙所。

 

 

妊娠時からやめていた、

タバコに手を染めてしまいました。

 

 

もうひとつ。

 

 

ストレスで1ヶ月で30キロ太りました。

30……

30…………

30………………

30キロですよーみなさん!

 

 

もー夏だっんですが、

自分に何が起こってるか分からなくて…

 

 

ただ服が買っても買っても小さくなって。

またずれがして。

 

 

体重計の数字が信じられなくて。

 

 

そんなとき、

部門の責任者(社長)からつげられるのです。

 

みんなと同じ週5勤務にするか

更新はしない(くび)か……

 

入社から一年半が経過していました。

 

 

相談したくても帰ってこない主人。

 

お金がかかっても、

職業を持っている方がいいと

使いまくった保育園代。

 

(みなさん民間保育園ってどれだけ高いか知ってます?

ちなみに三園転園してます!!!)

 

家計は火の車だし、

 

 

体も、精神もボロボロ。

 

 

 

辞めますよね……